さまざまな商品

金融危機などの影響から多くの企業で給与の削減が行われており、数年前から比べると給料が下がってしまった人や変動がなく上がることが期待できない人が多いことでしょう。そのような過程で頭を悩ませてしまうことがお子さんの教育資金をどのようにねん出するかということです。子供教育費は思いのほか高額になってしまいますので貯金と給料だけでは補うことが厳しい家庭も多いことでしょう。そのような場合には教育ローンという選択があります。どのように選ぶかは教育ローンの重要ポイントとなります。選ぶ際の教育ローンの重要ポイントとなる要素にはさまざまなものがありますが、第一に金利をあげる方が多いことでしょう。教育ローンにはさまざまな商品があります。同じ金融機関内でも、固定金利のもの変動金利のものがあります。教育ローンの借入金額は大きくなってくるので10年以上の長期にわたる返済が予想されます。その中で固定金利にするのか変動金利にするのかは返済総額に大きな影響を与えていくことになりますので、借入れ時点での金融情勢を気にしながら選択するようにしましょう。また教育ローンの重要ポイントとしては、有担保のものにするのか無担保のものにするのかということも挙げられます。無担保のものは契約者の年収により借り入れ金額が決まるのでそれほど大きな額を借り入れることができませんが、有担保のものであればある程度大きな金額を借りることができます。自分たちに必要な額や返済できる余裕などを考えてどちらにするのかを考えるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。