出費に対する不安

進学をしようとする時に、家庭の事情やアルバイトなどとの兼ね合いで、学費を中心にした出費に対して不安が持つ場合があります。そうした場合に、一般的な対策の1つとして奨学金があります。ただし奨学金の場合は、無利子や給付型のモノを受けたいと思えば、その利用許可が下りるまでに、成績などのハードルは当然高くなります。その結果、奨学金の受け取りが認められない場合も予想されます。そうした場合に、進学を諦められない場合での最後の手段と位置づけられているのが教育ローンです。教育ローンとは文字通り教育に関する事柄に対して、費用が不足した時に設定する融資のことで、教育ローンの重要ポイントとしてはその仕組みと選ぶ時の判断基準が大切になります。まず1つ目の教育ローンの重要ポイントは、その仕組みです。教育ローンは公的機関と民間両方から提供されるモノがあり、基本の仕組みとしては無担保で申し込みできる場合が多く、その場合は進学を希望する当人の保護者が、所得証明や住民票などの当人および家族状況に関する確認書類を提出し、代わりに返済方法などを記された証書を受け取り、その記載内容通りの条件に沿った融資・返済を行うという形式が主に取られる、とされています。このため教育ローンは、保護者の借金と位置付けられるのが一般的となっています。そうした教育ローンを選ぶ時は、融資を受ける金額の限度額、返済期間でかかる金利の大小および変動具合、保護者の持つ経済力との兼ね合い、といった面からの判断が重要となります。その他、進学終了後に返済対象が保護者から当人に移るリレー方式や、固定か変動かを選択できる金利の変動具合の選択制など、様々な選び方が分かれてきます。こうした教育ローンの重要ポイントを踏まえ、ロスの少ない計画を組むことが大切です。

コメントは受け付けていません。